映画『関ケ原』みてきました

映画『関ケ原』を観に行ってきました。

wwwsp.sekigahara-movie.com

 

 動機としては、①歴史好き、②時間が少し空いた、と積極的なものではなかったので、それを前提に以下の文章を読んでいただけると助かります。

 

 

Summary:  島左近小早川秀秋がとても良かった

 

 

 主役である石田三成岡田准一)は勿論のこと、島左近平岳大)の存在感が非常によかったです。石田三成が、他の大名からちゃんと疎まれている描写もあって、単なる英雄劇になってないところもいい。

 

 そして何よりも、小早川秀秋東出昌大)の中盤から終盤の演技がとても良かった! 一般的な話では裏切り者としてしか語られていない小早川秀秋が、こんなにも人間として描かれている物語はちょっと記憶にないです。とても、とても良い。

 

 逆に、一般的に人気のある島津義弘直江兼続が端役として、特に目立った印象もなく書かれている物語も、この映画だけのような気もします。そして、直江兼続の立ち振る舞いは、うーんと思うところありました。

 

 なので、この話は島左近小早川秀秋からの視点だったんじゃないかと思うくらいに二人の存在感は面白く見れました。

 

 

① 石田三成の話だったのか?

 石田三成が、冒頭の秀吉との出会いのシーンから、最後は六条河原のシーンまでの間、ずっと出続けているので、『主人公としての石田三成』は疑いようがないんですけど、じゃぁあくまで一個人としての僕が、「この映画を石田三成のヒーローズジャーニーとして見れたかどうか」で言うと、答えは「No」です。

 

 C.ボグラーとD.マッケナが著書(※)で言っているように、物語の登場人物には『求めるもの』があって、その求めるものを手に入れようとして、あるいはその求めるものそのものによって、行動が左右されていく・・・・・・という考え方が、僕は好きです。

 例えば、広い場所では天敵の鷹や猛禽類が襲ってくるかもしれないという不安から(この場合の求めるものは、身の安全)、マウスが四角い箱の隅っこに常にいるように。

 

 しかし、この映画の石田三成に最後のシーンでああなってしまうほどの、強く『求めるもの』はあったでしょうか?

 

 中盤から出てくる「大一大万大吉」や「正義」がそれなんでしょうけど、三成がそれについて、自身の行動規範となるまでの、条件付けされるほどの強い体験が語られていないため(あるいは希薄なため)、逆に前半で三成との会話のなかで『新しい世界』の可能性を見出して、変化していく島左近小早川秀秋の方がヒーローとして成立しているように感じます。

 

 監督は、たぶん島左近小早川秀秋の話として書いていたんだよな。きっと(それっぽいことは公式サイトでもちらっと書いているけど)。

 

www.amazon.co.jp

 

 

② 二軸の対立として成立していたか?

 徳川家康石田三成の、「野望」と「正義」の二軸の対立として成立していたかというと、上記のように三成側の動機付けが弱いので、そこまでははっきりと対立しているように見えない。

 

 それでも僕のような歴史好きは、予備知識として「石田三成」や「徳川家康」、それに「関ヶ原の合戦」を知っているので、対立しているように見えなくもなかったのだけど、これが予備知識ゼロの外国籍の人だったらどうなんだろうか?

 

 サムライが派手に切り合いをしたり、ニンジャまで出てくるのだから、見目はとても日本らしいアクション映画に見れるかもしれない。

 しかし、映画を見終わった後で、『じゃぁ、何で家康と三成は戦いを起こしたんだい?』と尋ねても、答えはなかなか返ってこないような気もする。

 

 

 僕が紀元前480年のスパルタ王レオニダスやテルモピュライの戦いを、予備知識としてまったく知らなくても『300』を映画として楽しめたのと比べると、その差ははっきりとしていて、やはりアクション映画であっても、登場人物の「求めるもの」を丁寧に語る必要があるんじゃないかと思う。

 

warnerbros.co.jp

 

 

③ それでも良い映画だと思える理由

 

 

 

 このtweetがすべてで、登場人物たちの動機付けなどはうーんと唸るところもあったのだけど、冒頭の秀吉の鷹狩の休憩で開けた世界と、最後の六条河原のシーンの対比が『関ケ原』という物語を通して変化したものとして見せることが計算されていて、物語としての完成度は非常に高いと思っている。

 

 僕のような三流物書きであれば、石田三成の逸話として有名な『柿』の話を引き合いに出して、石田三成が最後まで信念を突き通したという結末を見せたかもしれない。

 

 でも、寺の一小僧だった三成が、こまっしゃくれた手を使い、そこで権力者である豊臣秀吉の目にかかり、暴君・秀吉とともに歩んだことで作られた石田三成の世界が、最後に六条河原で閉じるシーンは、確かにあのシーンで良かった――というより、あの終わり方が最適解なのだと思った(※2)。

 

 

 一度語り始めた一つの世界を、きちんとした形で二時間半で終わらせる、とてもいい映画だったと思います。

 

 

 ・・・・・・ところで、エヴァンゲリオンのラストシーンはまだですかね? 特論でした。

 

 

 

小説を書いています。よろしければ

ncode.syosetu.com

ncode.syosetu.com

kakuyomu.jp

 

おまけ: この映画で最も成功したのは、やはりまたひらパーだった

www.hirakatapark.co.jp

 

 

※2 そして、初芽に関しては映画会社がよくぞぐっと耐えてくれたラストシーンとして、シンゴジラ以来のものなのではないか

 

科学インフラの話

動物実験施設にどのくらいお金がかかるのか?』

 

・・・なんて話は,おそらく意識したこともないのではないでしょうか?それとも,「いやいや、マウスの値段も知ってるし、飼育経費だって1ケージいくらって知ってる」でしょうか。今回は”その先”のお話について,少し書きたいと思います。

 

ケージいくらか知ってる?

皆さんが動物実験施設でマウスやラット,あるいはその他の動物を飼育する場合,間違いなく専用のケージ(あるいは飼育器材)を使っていると思います。日本ではそのほとんどが,毎回洗浄されて,滅菌したものを使っているでしょう。

 

さて,このケージの金額はいくらでしょうか?

 

日本にはケージの面積に関する規定が明文化されたものはありませんが(国としての基準がないというのは,かなり深刻な問題なんですが),国内の施設であればILAR guideに準拠している『はず』ですので,この面積基準を満たすもので考えます。

また,上に書いたように,毎回のオートクレーブ滅菌に耐えうるものでないと使えませんので,素材は限られてきます。日本クレアや,日本医化器械などでそれぞれ売っていますが,おおよそケージと蓋1セットで1万円です

 

さらに,ケージを週に1回洗浄・オートクレーブすると,たとえオートクレーブ耐性素材でも,およそ2~3年で破損します。つまり,2~3年に一回は再購入なわけですね。

3万匹くらい飼育できる施設だと,補充分でだいたい100~150万円/年が必要になってきますので(蓋は自前修理が前提),1匹あたり0.1円/日かかることになります。

 

 

毎日の飼育維持に必要なお金

この他に,マウス・ラットだと餌や水,床敷が毎日必要になりますが,水は水光熱費でまとめて計上するとして,

 

  • 餌(RI滅菌飼料):10kgの価格5,000円÷10,000=0.5円/gですので,1日の摂餌量(文献値で,およそ4g)を考えると毎日2円程度かかります。
  • 床敷(オートクレーブ滅菌):紙製床敷を,Sサイズのケージに適量ずつ使用すると,だいたい200ケージ分で1箱(10kg)消費しますので,これで計算すると,1日あたり1ケージ3円程度(1ケージ5匹飼育として,1匹あたり0.6円/日)かかります。

 

水光熱費は前述した3万匹くらい飼育できる施設で,22±2℃,40ー70%RH,換気回数16回/h以上の一般的なSPF条件を実施した場合,実測値ベースで,年間1億5千万円くらいかかります。それを単純に3万匹(延べ飼育匹数として,3万匹×365日=1,095万匹)で割るとして,1日「1匹あたり」14円程度が水光熱費として,必要になってきます

 

つまり,SPFレベルでオープンラックで飼育しているだけで(ケージ,消耗品,水光熱費),毎日16.7円/匹が必要になってくるわけです

 

もちろん,これに施設管理や,ケージを洗って滅菌してくれたり,ケージ交換をしてくれる職員の人件費は含まれていません。全部自前で行った時の金額です

ですので,やはりモデルケースとして,マウス3万匹を飼育可能な施設を想定した場合,必要な人員は,

 

  • ケージ洗浄・滅菌:3~4名
  • ケージ交換:4~5名
  • 施設管理・微生物統御管理:1~2名

 

この程度でしょうか。それぞれを年収250万として(ありえないですが),毎日5万5千円程度かかり,マウス1匹あたりに換算すると1.8円程度かかってきます。

 

つまり最低限の施設運営をするためには,マウス1匹あたり18.5円/日が必要になってきます。

 

 

じゃぁ日本の飼育料金(研究者が払う金額)はどうなってるのか?

というわけで,日米でパッと調べられる分を調べてみました。

 

  • アメリカ(n=9):1匹あたり13円/日ー37.4円/日,平均 1匹あたり26円/日(1ケージあたり129円/日)
  • 日本(n=15):1匹あたり2.8円/日ー12円/日,平均 1匹あたり5.4円/日(1ケージあたり27円/日)

  ※$1 = 123円で換算

 

 

あくまで調べられる範囲でしたので,この数値がどこまで正確かは今後の追加検討が必要ですが,いかがでしょうか?

 

日本の場合,ほとんどの機関が前述の必要な金額に届いていません

 

こういう話をすると,「日本では一部を大学本部から補填している」とか「人件費を大学で負担している」と指摘されますが,アメリカでも寄付金や本部が補填しているという記載がHPなどにされていますので,条件は日本もアメリカもほとんど変わりません。なのに,日本は圧倒的に研究者が共通施設に払う金額が低いことがわかります

 

 

「安いから研究しやすいし,いいだろ」という意見も出てくると思いますが,こんな金額で運営なんてもう無理なんですよね。しかも,毎年運営費交付金が減っていくわけですから,大学が補填していく部分もどんどん少なくなってくるのは当たり前です。

 

こんな状況下で,スーパーグローバルなどと言って,世界レベルの研究拠点とか言い出してるんですから,お寒い限りです。あれを言ってる人たちは,どのくらい本気なんですかね?

 

 

最後に:心配していること

特論が危惧しているのは,平成30年に予定されている動愛法の改正で,市民団体などからの要求で,欧米並みの管理強化を要求された場合,上記のように,ただでさえ逼迫している国内の動物実験施設はおそらく対応することができなくなるということです。

 

科学研究のためのインフラについては,もっと科学者自身や文部科学省をはじめとする所管官庁が一緒になって真剣に議論していくことを望みます。

 

そろそろこの業界から足を洗う予定の特論でした。

 

追記:

ちなみに私は,もう『全部の大学がそれぞれに動物実験をする』ということをやめてしまえばいいと思っております。

今年度からJST A-stepが様変わりしてた件

大学のあり方がどうこうという話題が盛り上がってるようですが, ひっそりと大ダメージ喰らった転換があったので, 書きます.  まだかろうじて現職におります, 特論です.

 

これ ↓

www.jst.go.jp

 

※以下のタイプについては平成26年度をもって新規募集は終了いたしました。(平成27年度以降の公募はございません。)
探索タイプ、シーズ顕在化タイプ、起業挑戦タイプ(若手起業育成含む)、実用化挑戦タイプ(創薬開発)

※探索タイプの新規募集は行いませんが、平成27年度新規のJST研究成果展開事業マッチングプランナープログラムにおいて、企業ニーズ解決、本格的な産学共同研究開発の可能性を検証するための支援を行う予定です。

 

A-stepのF/Sステージ探索タイプというのは, 1年間170万円くらいの予算で, 産業応用可能かどうかの試験を研究機関で行うというタイプの研究費だったので, 「民間企業が興味持つかどうかを試験する」という使い方してた研究者もおられたのではないかと思います.

それが代わりの研究費(マッチングプランナープログラム)は「企業ニーズがあることが必須」か....基礎研究の成果を, 企業ニーズに合わせるための研究費はどっから持ってくればいいんですかね?

一度, こういうグラントの制度設計してる方の話をうかがってみたいです.

 

 

それより, 起業挑戦タイプも廃止か.....

 

若手起業育成タイプは, 若手研究者が自分の研究シーズを使って起業しようとする際の研究費だけじゃなく, ご自身の給料も支援するというタイプのものだっただけになくなるのはすごく残念. JSTJSTらしいグラントの一つだと思ってたのに.

 

役に立つ研究を勧めるのはいいんですが, 肝心の応用研究するための研究費制度も少なくなるというのはちょっと困るなぁと思っております.  何かいい制度ご存知でしたら, 教えてください. 特論でした

実験動物管理者、始めました(ペントバルビタールの代わりの話)

ドーモ、深夜アニメがいっぱいあるので東京で働きたくなりましたが、アテはありません、特論=サンです。

 

前回書いたように、「第4回 実験動物管理者研修」に行ってきました。

公益社団法人日本実験動物学会:講演会・講習会

 

二日間、朝から夕方までぶっ通しで講義を受けるという、結構ハードな研修なんですが、法令から動物福祉、日常管理と初学者から実際の管理業務を行う教員まで、それなりに色んな新しいことが学べる研修だったと思います*1

※講習会のテキストは、作成者の著作なので、UPしません。基本的には常識の範囲内の引用のみです

 

ペントバルビタール単剤投与が「不適切な麻酔」になりつつある点について

なかでも、マウス・ラットの麻酔の話は興味深かったので、記事にしようと思いました。国立国際医療研究センターの岡村先生が講師でした。

たぶん、一度お会いしたような気もしなくもないけど、向こうは、当然特論の事など知らない、くらいのアウエー感で講義受けてるという縛りプレイ前提です。

 

私が学生の頃はネンブタール(ペントバルビタール)麻酔が一般的で、これまで使い続けてきたんですが、疼痛の管理が難しいことや、麻酔時の動物死亡事故が多いことから、規制の方向に進んでいました。それが、最近の海外の教科書でも「不適切な麻酔」として書かれたらしく*2、いよいよ使えなくなってきているそうです(ジエチルエーテルと、アバチンなども)。

実験動物の 不適切な麻酔方法

 

せやかて工藤

そうなると、注射麻酔としてはケタミン/キシラジン、吸入麻酔としてはイソフルラン、セボフルランとなってくるわけですが、吸入麻酔は器具が高いし(1台 60万円前後)、ケタミン/キシラジンは麻薬研究者とって管理が大変だし・・・

 

ということで、岡村先生のグループでは、メデトミジン(α2アドレナリン受容体作動薬)、ミダゾラムベンゾジアゼピン系麻酔導入薬・鎮静薬)、ブトルファノール(オピオイドリガンド)の三種混合剤*3を使用していて、プロトコールを公開しています

 

"三種混合麻酔薬と拮抗薬((独)国立国際医療研究センター研究所 動物実験施設)"

http://www.rincgm.jp/department/lab/08/pdf/mouse.pdf

 

現状のメリット

・i.p.で効く

・効果が早い(i.p.後3.6分くらいから効き始める)

・メデトミジンの拮抗薬であるアチパメゾールを打つことで、速やかに覚醒させることができる(ここ重要, 実験室でぼーっと待っている時間が短くなる)

 ・三種混合した薬剤は、室温で1ヶ月は保管可能

・受精卵移植に用いた場合、着床率・産仔率に影響はない(これは吸入麻酔でも同じ)

 

デメリット

・記憶などの麻酔薬で影響があると言われているような領域での使用例は、これまでのところない

・覚醒後の体温変化が吸入麻酔とは異なる

 

まぁいずれにしても、私も同様の実験を行って、効果を確かめてみようと思います。

 

 

蛇足

研修のテキストで、次のような文章が複数あるんですが、

BALB/c  ・繁殖、飼育が容易

DBA/2 ・聴原性てんかんを起こしやすい 

これはミスリードです*4

 

過去記事にも書いてるんですが、

 

虹を掴むマウス・BALB/c - doubutsutokuronの日記

 

BALB/cは亜系統によって、”増えやすさ”が異なることが知られています。容易に繁殖できるのは、ByやA亜系の話であって、元々のBALB/c系統全般に言えることでないです。

 

あと、DBA/2はasp2の変異を持っているため、確かに若い個体では聴原性の発作を頻発しますが、成獣では感受性は低くなります。というのも、彼らは加齢により(離乳期から始まる)高頻度で難聴となりますので、但し書きなしで、前述のような書き方はあまりしません*5

 

 

というわけで、晴れて研修が終わり「実験動物管理者」となりましたが、給料は代わりません。特論でした。

 

追記(2015年3月10日)

 どうやらこの3種の薬剤、地方によっては買うのが難しい場合があるようです。私の職場の自治体と隣の件では、研究機関向けの販売窓口ありませんでした(臨床獣医師さん向けとは別)。なんとか購入できそうですが、メモまで

*1:2015年度は京都と、東京で2回開催されるようなので、ご参考までに

*2:Flecknell, P. Laboratory Animal Anaesthesia 3rd Ed. Academic Press 2010

Fish, R. E. et al Ed. Anesthesia and Analgesia in Laboratory Animals 2nd Ed. Academic Press 2008

*3:Kawai S, Takagi Y, Kaneko S, Kurosawa T. ”Effect of three types of mixed anesthetic agents alternate to ketamine in mice.” Exp Anim. 2011;60(5):481-7.

*4:困ったことに日本語の教科書とか説明してるサイトでも多くがこう書いてたりしますが

*5:JAXのページ http://jaxmice.jax.org/strain/000671.html

研修(前夜)

新宿というには違和感を覚えるほど人影の少ない路地を入って、今日の宿を目指すと、百円均一で買った粗末な折り畳み傘が風でキシキシと悲鳴を上げる。『新宿公園→』という白い看板がぼうっと暗がりに浮かび上がると、妙に物悲しくなって、小雨の中を立ちすくしてしまったのだったー

 

あ、どうも特論です。『ハケンアニメ!』って小説読んでたせいで、カンフー映画を見てきた昭和の子供みたいに小説書きみたいな文章使ってみたくなってます。病気です。

 

ハケンアニメ!

ハケンアニメ!

 

 

ハケンアニメは、最初『SHIROBAKO』みたいかな?と思いましたが(冒頭の数ページはそのとおりですが)、 王子編の終盤の台詞とかいいですね。あと”悪い人のいない職場”という意味が、現職にも当てはまって、あのページから読む速度変わってきました。

 

と、前置きはここまでで、ようやく来年のお仕事も決まったので、休みを取って、研修に来ています。冒頭の駄文の通り、新宿にいるんですが、170名くらいの同業者がこのあたりにいるはずなのに、何もお声がかからない特論ではあります*1

 

公益社団法人日本実験動物学会:講演会・講習会

 

管理者の研修なわけですが、今、全国の動物実験施設では深刻な予算不足が問題になっています。大学本体の運営費交付金の縮小を受けて、動物実験施設にまわせるお金も少なくなってくるというわけなんですが、これまで何回かに分けて書いてきた環境の維持が難しくなってくるという問題が出てくるんですよね

 

飼育環境を一定にすることは何故重要なのか? ―イントロ― - doubutsutokuronの日記

飼育環境を一定にすることは何故重要なのか?その1 ―温度― - doubutsutokuronの日記

飼育環境を一定にすることは何故重要なのか?その2 ―湿度― - doubutsutokuronの日記

 

 

で、この環境維持に一番お金がかかるのが、「温度」ではなく実は「湿度」なんですね(またまた実は温度と湿度は同時に制御しないといけないわけですが)。この辺はいずれまた書きます。

 

今回の研修で、ちょっとでもランニングコスト削減の糸口が見えればと思う特論でした。

*1:お察し下さい

「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を私が書くとしたら

 ドーモ、元気いっぱい就活生の特論=サンです。

 

国立成育医療センターのプレスリリース

"正常な胎盤及び胚の発育に必須の卵子 X 染色体の活動を維持する仕組みを解明"

http://www.ncchd.go.jp/center/information/topic/images/topic141114-1.pdf

で、ぱんつさんが記事かいてたので


「卵子の染色体の特定の物質外れると流産に」というNHKの記事を僕が書くとしたら - アレ待チろまねすく

 

 

乗っかってみることにしたよ。

 

 国立成育医療センターの福田篤研究員と阿久津英憲生殖医療研究部長のグループが、受精卵が母親の子宮内で無事に成長するための一つの「しるし」を明らかにしました。

 ヒトを含めた哺乳類の受精卵は、そのすべてが母親の子宮に着床し、子供になるわけではなく、着床できないものや、着床しても発生の途中で流産してしまうものが存在していることが知られています。

 今回、研究グループは、着床後に流産となるような受精卵のなかで、「X染色体不活性化」という現象が異常となっているケースに着目し、マウスを用いて研究を行いました。

 その結果、受精卵のなかでX染色体から発現するXist(イグジスト)という遺伝子の量を調節する「しるし」となる、核内タンパク質であるヒストンの特別な修飾を発見しました。このヒストンの特別な修飾を目印に、受精卵のなかでイグジストの量が調節され、異常な量のイグジストを持つ受精卵は流産するということがわかりました。

 研究グループは、新たに発見した「しるし」について、卵巣腫瘍や乳癌などの女性の腫瘍に関する研究や、ES細胞やiPS細胞などの品質管理にも役立つのではないかとコメントしています。(488文字)

 

”受精卵には品質(embryo quality)があって、それがある一定の域に達していないと、発生しなかったり、着床しなかったり、着床が維持されなかったりするという考え方があって、そのなかで品質の項目の一つが染色体分離機構の異常だったり、X染色体不活性化異常だったり、ミトコンドリアの異常だったりする” んですかね。

 

同じ両親から出てきた受精卵でも、子供になるものと、そうでないものがあるって、普通に考えると不思議ですよね。

 

先天的(遺伝的)にこれら「品質の項目」の異常があるものもあれば、後天的に異常となるものもあって、染色体分離機構の異常が母胎の加齢とともに増えてくることとか、今回のX染色体不活性化異常も、(先天的なものもあるかもしれないけど)後天的なものの説明として、説得力がある・・・ってことがインパクトあるじゃないかなーなんても思います。

 

もっと言えば、生殖補助医療で体外受精IVF)や顕微授精(ICSI)をすると、ほとんどの場合、複数個の受精卵が得られます。しかし、母胎への影響や、ガイドラインなどから、母親の子宮に戻す(embryo transfer)する受精卵はだいたい1個となってる場合が多いのですが、お医者さんが『その1つを選択する』場合に、”無事に着床して、流産しないような受精卵を選べるかどうか”という問題が生じます。その『1個』を選ぶ評価基準になるのかなーという点でも面白い発表ですね。

 

 

早く”シュウショク”したい、特論でした 

IMSR(International Mouse Strain Resource)を使って欲しいマウスを手に入れる その弐

色々あって本体の『動物学特論』が終わるので*1、その残滓のような"なにか"を綴っています、特論です。

 

前回の手順1でIMSRを使って、自分が目的としているマウスを検索したので、それ以降の手順について書いときたいと思います。

 

手順2 検索結果から欲しいマウスを選ぶ

f:id:doubutsutokuron:20141119124622j:plain

 

前回も少し書きましたが、この「系統名」の部分は国際命名規約というルールで書かれているので、そっちを知っとかないといけません。

 

例えば、shhで検索すると、

 

  1. B6;129-Shh<tm2Amc>/J
  2. B6.Cg-Shh<tm1(EGFP/cre)Cjt>/J
  3. STOCK Tg(Shh-EGFP)BF167Gsat/Mmmh

 

とか出てきます。実際のルールについては、きちんと日本語でも説明している文章が公開されてる*2ので、そちらを参照して下さい。

 

簡単にまとめると、左側が遺伝背景(バックグランド系統)で、ハイフン(STOCKの場合、スペース)より右側が遺伝子変異の情報です

 

ですので、

  1. のマウスは、C57BL/6と129の交雑系統がバックグランド(「;」はバッククロスが完了していない場合の記号)
  2. のマウスはC57BL/6がバックグランド(「.」は右側の系統から左側の系統にバッククロスが完了したという記号)
  3. のマウスは、バックグランドが不明(「STOCK」は由来が不明な場合の記号)

ということになります。

 

遺伝子の3文字表記の説明は別のところに譲るとして、大きく分けて、①変異導入*3ノックアウトの場合は、上付き文字でtmをつける②トランスジェニックの場合は、Tg( )で表記するとなっています。

 

ただ凄く注意が必要なのは、tmと表記してあるマウスでも単純なノックアウトだったり、loxPが入っていて、creと掛け合わせなくてはいけないものや、2のマウスのように、別の遺伝子がshh遺伝子座に発現しているもの(ノックイン)などありますので、

"必ず、遺伝子変異の情報はそれぞれのリソースバンクのリンクページでじっくりと確認すること"

が重要です。国際的なノックアウトマウス作製プロジェクト*4とかだとtmの右側で(EUCOMM)みたいに書いてあったり、ENUミュータジェネシスプロジェクトで作った変異体だと、突然変異体のように、上付き文字にtmつかなかったりもします。

 

じゃぁこの解説記事、意味ないじゃんか!と言われれば、ええ、まぁそうですね...

 

 

また、tmやTg( )の右横の数字とかアルファベットは、それぞれライン番号(同じラボ・人物が作った同じ遺伝子改変マウスにおける作った順番)とラボコード(作った人とかラボの記号)なので、ランダムインテグレーションを用いたトランスジェニックマウスの時には、重要な記号になります*5。同様に、KOの時は、欠失している部位などがラインによって違う場合があるため、注意が必要です

 

 

手順3 マウスを導入する方法を考える

 

このブログを読んでる海外の研究者の方なんてたぶん、ほとんどいないでしょうから、日本向けに。

 

①RepositoryがRBRC、CARDになっている場合

一番簡単です。すぐにRBRCなら理研BRC、CARDなら熊本大学CARDに連絡して下さい

 

②RepositoryがJAXになっている場合

この場合も、割と簡単です。日本チャールズリバー(あるいはその取次店)に連絡すると購入できます。ただ、Statesが「Live」の場合はすんなりと行きますが、「Sperm」や「Embryo」になってる場合は、ちょっと時間とお金が余計かかったりします。今のところ、JAXから凍結精子や受精卵を直接購入するのは、チャールズリバーは取り扱ってくれないんですよね...

 

③RepositoryがMMRRCになっている場合

MMRRC*6って、NIHのサポートで遺伝子改変マウスの保管してる機関ですね。この場合は、Statesがほとんど「Sperm」と「Embryo」になっていると思います。

 

ここで特論=サンがおススメするのが、「Sperm」での導入です

理由は、①生体導入よりも値段が安い、②導入までの時間が短い、③SPFクリーニングと原理的に同じIVF-ET(体外受精胚移植)を行うので、受け入れ機関での検疫がいらない(※必要な施設もあります)、④ドライシッパーの輸送なので手続きが簡単などなど。実際には、ポチッとした後に、メールでやりとりして、ワールド・クウリアー*7(ワールド・クーリエ)に持ってきてもらって、所属されてる研究機関の動物実験施設に引き渡して、IVF-ETしてもらうだけです。

 

所属してる機関で、凍結精子からのIVF-ETができない場合は、理研BRCさんで代行してもらえます*8。私も仕事もらえれば*9、やります

 

④RepositoryがEMになっている場合

EM...響きがなんかアレ。EU圏のEMMA(The European Mouse Mutant Archive)*10のことです。

この場合で一番手っ取り早いのは、Embryo」での導入です。受精卵を買って、ドライシッパーで送ってもらって、以下、③と同じです。

 

このケースでも、所属してる機関で凍結受精卵からのET(胚移植)ができない場合には、理研BRCさんに代行してもらうことが可能です

 

 

他にもTIGM(Texas A&M Institute for Genomic Medicine)あるけど、長くなったんでこの辺で。

 

特論でした

 

*1:お察し下さい

*2:マウス系統の学術命名規約 « -実験動物開発室-

*3:ご指摘いただき、修正しました

*4:International Knockout Mouse Consortium - MartSearch

*5:受精卵へのマイクロインジェクションで、ランダムインテグレーションによって遺伝子導入された場合、胚移植後、同じ日に生まれてきたマウス同士でも、導入遺伝子のコピー数が異なるため、表現形が変わってくることがあるため

*6:Welcome to the MMRRC

*7:http://premium.ipros.jp/worldcourier/

*8:FIMRe機関の凍結マウスリソースの個体化の申込み手順 « -実験動物開発室-

*9:お察し下さい

*10:EMMA - the European Mouse Mutant Archive , https://www.infrafrontier.eu/